母との電話

ぽんにちは!

引っ越してから、ぽん吉が粗相をするようになってしまいました。

 

今までトイレ成功率100%だったんだけどなぁ。

引っ越すとそのストレスでおトイレできなくなっちゃう子もいるらしいので粗相でも、出るなら出たほうがよいのですよ…とカッコつけながら今日も床を拭く石川。

 

昨日、実家に帰れなかったので母に電話しました。

 

石川「あけましておめでとうございます。」

母『おめでと~。』

石川「妹のお腹の調子はどう?」

母『あぁ、なんだかリフォームで25万の借金があったらしいけど昨日完済して今のんびりしてるよハハハ!

石川「えっ借金…リフォ、しゃっき、え?何してるの?家?え?」

母『またリフォームするって金ためてるみたいよハハハ!

石川「まって」

母『リンゴとか売ってるよ』

石川「なに言ってるの?何があったの?」

母『どうぶつの森(ゲーム)の話ね!ハハハ!

石川「あ…えぇ…???」

 

もう一瞬のうちに頭の中が借金返済にいくら援助したらいいかとか、そもそもまだ20になったばかりの妹が急に家を買ったのかとか、買ったにしても早くもリフォームするのかとか、それにしては返済額が少ない気がするとかリンゴとか、グルグルしてしまいました。

 

母よ、大事なところを省略しないで話してくれ…昔からこうなので心臓に悪い…

 

 

f:id:pon_ishikawa:20160102130327j:plain

「あの~…お話し中に…またおもらししちゃった…」

うん、君は粗相をするとしっぽが垂れるからわかりやすいよね。

 

それではまた!